妊娠中や授乳中に飲んでおきたい青汁

妊娠すると気になるのが母体とお腹の中に居る赤ちゃんの健康です。無事に出産するには二人分の栄養をバランスよく取ることが必要です。

 

妊娠したときに必要な栄養素はいくつかありますが、特に妊娠初期に大事になるのが葉酸です。葉酸が不足するとお腹の中の赤ちゃんが先天性の疾患にかかるリスクが高まります。

 

十分な量の葉酸を取りたいところですが、加熱すると食材に含まれている葉酸の半分は失われてしまうと言われており、普段のお食事だけでは難しいものがありました。

妊娠中に飲んでおきたい青汁

そんなときでも青汁には葉酸は勿論のこと、多種多様な栄養素が含まれています。手軽に妊娠中に必要な栄養素を取れるのが青汁の魅力です。骨と歯の形成に役立つカルシウムが豊富に含まれている青汁もあります。

 

牛乳で青汁の粉末を溶かして飲むとさらにカルシウムの量が増えやすいです。妊婦さんは妊娠初期にイライラしやすいですがカルシウムを取ることでイライラが軽減されるとも言われています。

 

マタニティーブルーでお悩みの妊婦さんにも向いています。青汁を妊娠中や授乳中に飲んでも大丈夫だろうかと不安に思われる方は多いでしょうが、野菜を原材料に使用しているので大丈夫です。

 

その代わりに無農薬で国産野菜を原材料に使用した青汁を選びたいところです。無農薬は文字通り、農薬も化学肥料も使用せずに栽培していますので母体にも赤ちゃんにも安心安全です。

 

無農薬栽培だと普通の栽培より手間が掛かるのでその分だけ価格が高くなってしまいます。しかし価格面より健康面の方が特に妊娠中や授乳中は大事です。

葉酸の過剰摂取には注意

青汁で葉酸を取りたいときには過剰摂取に注意が必要です。過剰摂取すると発熱、蕁麻疹、かゆみなどの症状が見られることがあります。

 

葉酸は15歳以上の男女で一日200μg、妊婦中で400μg、授乳中で280μgが必要量です。しかしあまり過剰摂取に神経質になる必要は無いです。

 

それは葉酸は水溶性ビタミンの一種なので尿と一緒に体外へ排出されやすいからです。過剰摂取しても体内に溜まりにくいですが、1000から10000μg以上取ると症状が出やすくなるので注意が必要です。

 

それでも普段の食事と青汁と併せても、1000から10000μg以上になることは稀です。青汁の用量さえきちんと守っていれば過剰摂取にはなり難いです。

 

その代わりに青汁だけでは十分な量の葉酸を取れないことがあるので、あくまでも補助的な健康食品であることを頭に入れておいて下さい。

 

関連ページ

妊婦の体よ強くなれ!青汁を飲んで健康力アップ
私が青汁を飲み始めたきっかけは、妊娠中にトラブル続きだったことです。就寝時になると咳が出始め、全く止まらない日々が続きました。一緒に寝る子供が起きてしまうため、別室でイスに座り咳をしずめるうちに朝を迎える日々が続きました。妊婦健診の際、薬を処方してもらいましたが全く効きませんでした。咳がこんなに苦しいとは思いませんでした。おなかの赤ちゃんに悪影響があったらどうしようと不安でたまりませんでした。
妊活中や妊娠中の女性に青汁
妊婦さんに必要不可欠と言われているのが葉酸です。葉酸は水溶性ビタミンの一つで、お腹の中の赤ちゃんの先天異常リスクを抑える働きがあります。妊活している女性、妊娠中の女性は葉酸一日あたり400μgの摂取が厚生労働省から推奨されています。葉酸はホウレンソウ、アスパラガス、ブロッコリーなどいろいろな緑黄色野菜に多く含まれています。しかしこれらの緑黄色野菜から一日あたり400μgの葉酸を摂取するのは大変です。そこで注目されているのが青汁です。